March 20, 2011

γ/β検出 ポケットガイガーカウンター

昔買ってた, 秋月電子のキットだったガイガーカウンターを探し出して来た!
(「もんじゅ」の事故のころだったかな?, 工作してくれたJK氏に感謝!)

gcounter今は発売されていないようですが, 秋月電子のHPに「キット説明書」が掲載されていました.

浜松ホトニクス社のD3372というガイガー・ミューラ計数管が使われています.


自然放射線(B.Gバックグラウンドと言うらしい)は, 5-10μR/hで1分間に3-10回鳴るらしい. 試してみると確かに1分間に4-5回くらい鳴ります. 放射線の存在を身近に感じることが出来ました!

B.Gの5倍-10倍以上なったら注意が必要ですとあるので, 1秒おきくらいにピッ, ピッと鳴りだしたら注意ってことですね.

説明書に書かれている単位(R(レントゲン))がテレビで言われているSv(シーベルト)と違うので, Wikipediaで調べて換算すると, 10 μR/h = 87 nGy/h = 87 nSv/h = 0.087 μSv/h のようです. つまり, このガイガーカウンタは, 0.0087 μSv/h で 1回/分くらい鳴るのかな?

都道府県別環境放射能水準調査結果(文部科学省)」によると平常時0.037μSv/hくらいなので4.5回/分くらいになって実験結果と合います!?

時計みながら人間が数えるのが面倒なのでポケットテスターの周波数カウンタ使おうと思ったら, 10Hzからで測れない! PICで自分で作るしかないのかな...






秋月電子のキットの説明書には「天然放射性同位元素を用いた放射化学実験法」という論文も添付されてました.

gcube別件ですが, 蛍光灯のグロー球を分解して測定してみましたが鳴りません! 最近は放射性物質は使われていないのでしょう. 次は国際線の飛行機の中で試してみたいと思います.


as-192414 at 09:04コメント(5)トラックバック(0)電子工作・無線 | 生活 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by やすらぎ   March 20, 2011 10:49
またのご報告をお待ちしております!

今回のことで福岡でもその値が上がったらコワイよね!?
2. Posted by YM   March 21, 2011 04:41
今回のことで福岡での空気中の数値が上がったときには全国大変なことになっていると想像しますが, そんなことにはならないかと信じてます.

一方, 基準値を超えているのに大丈夫だという発表は, 基準値は何の基準なのかという説明と, 危ない方向からの別の値を出してもらわないと単純には理解出来ません. 行間を読んで理解せよということなんですかね文系的には? 理系的には, 1次元の数値でなく2次元にして, 量と時間のペアにするとかにして欲しいです.

ただ, 今は説明よりも, 現地のことを優先して欲しいとは思います.
3. Posted by CM2   April 06, 2011 23:21
3 単にカウントするのであれば100円ショップで売っている万歩計を分解し、4093から万歩計のスイッチのところにパルスを入れてあげればカウンタになります。例えば1時間放置し、ディスプレイの値を60で割ればcpmが得られます。
4. Posted by YM   April 18, 2011 05:31
万歩計の情報ありがとうございます. 100円ショップで買って3日坊主で放置していた万歩計がどこかにあるはずと探しているのですが, まだ見つかっておりません. 是非とも試してみたいと思います.

あと, ガイガーカウンターのキット/完成品ですが, 米国で通販しているサイトを別の方から教えてもらいました.

http://www.goldmine-elec-products.com/products.asp?dept=1468
5. Posted by feizyoa   May 12, 2011 10:27
こんにちは、始めまして。
秋月ガイガーキット、GM管にD4345を使ったものが家にありました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Visitors

Profile
QRコード
QRコード

レンタルサーバーなら使えるねっと

最新コメント
  • ライブドアブログ